警視庁と警察庁の内部、ホントのところ

警視庁と警察庁の内部、ホントのところ

2021年2月11日 

ドラマやアニメでよく警視庁内部や警察庁内部の描写があります。私は、頻繁に行くわけではないですが先日、中に入りましたのでその時の様子をご報告します。

普通には立ち入ることができないので、今後、ドラマやアニメの参考になればと思いこの記事を書きました。

警視庁ですが、3年位前までは職員の方は「MPD」の文字がデザインされた通行証や警察手帳で警視庁本部内に出入りできました。

その頃は、一般の入館者は、コナン君が付けているような何を模しているのか判らない札を付けて中に入っていました。また、職員は目暮警部のような「MPD」と書かれた通門証を常に付けていました。どちらもアニメですがよく描かれています。

2009年東宝配給『劇場版名探偵コナン 漆黒の追跡者』より

現在は、警視庁は、出入り口に駅の改札にあるようなゲートがあり、ゲートを通るためにICカードをかざさないとゲートが開かないシステムが導入され、下記のようなICカードが一般入館者のカードになりました。

また、職員は下記のようなカードでした。

どちらも筆者による復元です

さすがに職員のカードは瞬間でしたので、これが限界です。

ちなみに、ドラマで警視庁のことろ「本庁」とか「本店」とか言いますが、霞が関にある警視庁は「警視庁本部」または「本部庁舎」と言うそうです。県警では警察本部は「本部」です。

では、「本庁」はどこのことか?というと警察庁のことを指します。「察庁(さつちょう)」とも言うそうです。警察庁とは、47都道府県警察の事務について指揮監督したり広域事件が発生した時に相互の連絡の調整をしたりします。

よく警察庁と警視庁を混同される方が居りますが、警察庁は実際の事件の捜査は直接には行いません(極稀に浅間山荘事件のように関わることはあるみたいですが)。

警察庁は、警視庁の隣の建物の中央合同庁舎第2号館内にあり、総務省や国土交通省に押されて小締まりと業務をしているように見えます。このビルは大きいですが、中は下から最上階まで吹き抜けになっているので、実際の収容面積は大きくありません。

中央合同庁舎第2号館

中央合同庁舎第2号館内部

中央合同庁舎第2号館
20 国家公安委員会 長官官房 警備局 外事情報部
19 長官官房 交通局    
18 長官官房 生活安全局 組織犯罪対策部 交通局
17 刑事局 組織犯罪対策部 情報通信局  
16 長官官房      
15 国土交通省
14
13
12
11 総務省
10
9
8
7
6
5
4
3
2 総務省 警察庁    
1 総務省
B1 食堂 売店    
B2 講堂 第1会議室 第2会議室 第3会議室

余談ですが、上記の各階の配置を見てると個人の部屋で抹茶を点ててる方が居るようなスペースは無いと思います。

「長官官房」が多いですが、総務や会計など一般の会社でいうところの庶務的な部署は全てが長官官房の下にあります。警察庁の情報公開の部署も正式には「警察庁長官官房総務課情報公開室」となっています。

中央合同庁舎2号館の食堂の食事

中央合同庁舎2号館のには地下に食堂があり、中華や今は無くなりましたがマクドナルドもありました。この周辺は、食べるところが意外と少なく貴重なスペースです。

警察庁は、各都道府県警察本部や地方毎の警察管区があり、そこも警察庁の組織です。

また、警察の階級は、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監(東京のみ)、警察庁長官、という階級になっています。

この中で、警視正以上はすべて警察庁の職員つまり国家公務員となります。

もう少し詳しく述べますと、国家公務員として警察庁に採用されたいわゆるキャリア組という方たちは、各都道府県警察で課長や署長などのキャリアを積んで行きます。

前に経歴の一覧を見たことがありますが、多くの方が詐欺などの知能犯を扱う捜査2課の課長を若いころに経験されている方が多かったです。

逆に殺人等を扱う捜査1課は現場経験者からのたたき上げの方がなると言われています。

警視庁では、部長クラスは警視監の方が殆どで、制服で仕事をされていると聞きました。左胸に付ける階級章の輝きが違いますからね。

左が巡査、右が警視監

他方で、各都道府県警察に地方公務員として採用された警察官の中でも優秀な方は警視から警視正になる方が居て、警視正になると地方公務員から国家公務員採用になります。前記の経歴一覧で県警の警察官として採用されて、和歌山県警の警察本部長になった方が居られました。

全国で警察官は26万に居る中で2,000人が警察庁の警察官と言われており、意外に警察庁は大きい組織なのです。