識別章のアルファベットと数字の各都道府県の状況

識別章のアルファベットと数字の各都道府県の状況

2017年10月3日 

識別章とは

平成14年10月から、警察官が制服着用時には原則として、左胸部に装着する階級章とともに個人を識別するための標章(識別章)を付けることが義務付けられています。

識別章は、「NP005」というように所属を表すアルファベット2文字と個人の識別を表す数字3桁から成っており、数字はその所属長を001として順につけられていることが多いですが、アルファベットはその都道府県によって、それぞれ個性があります。

愛知県警は、アルファベットの頭を尾張地区を「O(オー)」、名古屋地区を「N」、三河地区を「M」として、つぎに警察署の序列順に「A」、「B」、「C」とし、例えば三河地区の刈谷警察署は「MA」次の碧南警察署を「MB」としています。

他方、富山県警では警察署の英語表記にしたときの2文字を充てています。例えば富山北警察署の場合「Toyamakita police station」の「T」と「K」をとって「TK」としています。

本来、警察官の所属とその個人を特定するものなので、アルファベットの割り当てを原則公開するべきだとは思うのですが、ほとんどが非公開で、今回、その公開・非公開の状況をまとめました。

都道府県警察識別章公開状況

北海道警察

公開なし ただしアルファベットはパトカーデータベースに記載あり

青森県警察

公開なし

秋田県警察

公開なし

岩手県警察

PDF(岩手県警HP)

宮城県警察

公開なし

山形県警察

公開なし

福島県警察

公開なし

新潟県警察

公開なし

栃木県警察

公開なし

茨城県警察

公開なし

群馬県警察

公開なし

埼玉県警察

公開なし

警視庁

警視庁のHPから情報が消えたので、保存していたものPDF

千葉県警察

公開なし ただし、アルファベットはパトカーデータベースに記載あり

神奈川県警察

公開なし ただし、アルファベットはパトカーデータベースに記載あり

山梨県警察

公開なし

長野県警察

公開なし

富山県警察

PDF(富山県警HP)

静岡県警察

公開なし

愛知県警察

情報公開による PDF

岐阜県警察

公開なし ただし、アルファベットはパトカーデータベースに記載あり

石川県警察

公開なし

三重県警察

公開なし

福井県警察

PDF(福井県警HP)

滋賀県警察

公開なし

京都府警察

PDF(京都府警HP)

奈良県警察

公開なし

和歌山県警察

PDF(和歌山県警HP)

大阪府警察

公開なし

兵庫県警察

PDF(兵庫県警HP)

岡山県警察

公開なし

鳥取県警察

公開なし

島根県警察

公開なし

広島県警察

公開なし

山口県警察

公開なし

香川県警察

公開なし

徳島県警察

PDF(徳島県警HP)

愛媛県警察

公開なし

高知県警察

公開なし

福岡県警察

公開なし

佐賀県警察

公開なし

長崎県警察

公開なし

大分県警察

公開なし

熊本県警察

公開なし

宮崎県警察

公開なし

鹿児島県警察

公開なし

沖縄県警察

公開なし

2017年4月9日現在